カンボジア産◎バタフライピーのお花茶(Demeter)

カンボジア産の自然栽培ハーブで作られました。バタフライピー(蝶豆)のお花のハーブティー。
カンボジアとタイの国境近く、バッタンバン州の農家で自然栽培され、手摘みでひとつひとつ丁寧に収穫されたお花を、天日乾燥で仕上げました。

お花の青色はアントシアニンとフラボノイドの青。お湯を注ぐときれいなブルーのお茶ができます♪レモンを絞ると、アントシアニンと酸が反応して、お茶はきれいなピンク紫に!とってもロマンチックで、さらに美容と健康に嬉しいハーブティーです。

商品詳細
内容:バタフライピー(蝶豆)花 100%
内容量:20g(約20ポット分)
1グラムの茶葉をティーポットに入れ、沸騰したお湯を約350ml注いで下さい。約1分間蒸らします。レモンを絞るとお茶の色がピンク紫に変化します(このお茶は酸に反応して色が変化するため、水のペーハー値によって色に差が出ます)

こんな方におすすめ
カフェインフリーの飲み物を探している
目の健康が気になる
美しい髪になりたい
パーティーなどで人目を引く飲み物が欲しい

賞味期限:2018年12月(製造年月日より一年)

バタフライピーが育つ環境
カンボジア、バッタンバン州−タイとの国境に位置するこの州は、カンボジアの一大穀倉地帯として有名です。熱帯モンスーン気候に位置し、通年通して降り注ぐ太陽。雨季の強烈なスコール −バッタンバン州の広大な大地は、自然の恩恵豊かなカンボジアでも特に、豊穣な土地と言えます。
そんなバッタンバン州の中心地からさらに車で3時間。観光客など訪れることのない静かな村に、デメテルハーブティーのためのバタフライピーを育てるエム(Oem)さんの家があります。もともと無農薬で農業を行ってきたエムさん一家は、デメテルハーブティーのこだわりに共感し、「カンボジア産のハーブティーを世界に向けて発信しよう」と生産に参加してくれています。
無農薬栽培、手作業での収穫と天日干し作業でハーブを生産するとなると、日々の収穫量は限られてきます。エムさん一家は、通常の農作業に加えて、家族親戚一同総出でバタフライピーの生産をしてくれています。
エムさん一家が大切に、たいせつに育てたバタフライピーのお花茶を、ぜひお試し下さい♪

Demeterとは
カンボジアのローゼルストーンズクメール社のハーブ製品ブランド名です。Demeter(デメテル)とは、古代ギリシア語で「母なる大地」を意味し、豊饒をつかさどる女神の名前が由来となっています。
ローゼルストーンズクメール社は、カンボジア在住の日本人女性二名により設立されました。カンボジアの自然の恵みをいっぱいに受けて育ったハーブを日本の品質で製品化し、世界中の人々に愛されるハーブ製品をお届けすることを目指しています。
  • 972円(税72円)